Iotについて

今後あらゆるものがインターネットに接続されます。しかしインターネットに接続されただけでは意味がありません。クラウドと連携してデータを収集・解析することではじめて価値を生み出します。AWSにはIoT機器が集めたデータを集約、解析するためのサービスがあります。匠クラウドではこれらを組み合わせてお客様のアイデアを素早く形にします。

上へ戻る

AWSでのIot向け構成

センサーデータなどIoT機器から生成される細かい大量のデータを収集するにはKinesisが利用できます。Kinesisから収集したデータをDynamoDBに保存してリアルタイムに表示するなど、様々な用途に合わせAWSサービスを組み合わせ実現することが可能です。

構成イメージ

上へ戻る

ビッグデータへの広がり

ビッグデータ解析というと初期投資が大きくなる印象がありますが、AWSにはビッグデータの処理に利用可能な様々なサービスが用意されており、初期費用ゼロの従量課金制で利用できますので、試しにはじめてみるということが簡単にできます。

構成イメージ

上へ戻る